「GSユアサ」ハンガリーに新工場建設へ

京都市の大手電池メーカー「GSユアサ」はヨーロッパの自動車メーカー向けにリチウムイオンバッテリーを製造する工場を新たにハンガリーに建設することになりました。

これは、GSユアサの村尾修社長が11日、記者会見を開いて明らかにしました。

それによりますと、GSユアサは40億円を投資して、ハンガリーにリチウムイオンバッテリーの製造工場を建設し、ヨーロッパの自動車メーカー向けに年間50万個のバッテリーを出荷するということです。

また、将来的には、需要の拡大が見込まれる電気自動車向けの製品も製造したいとしています。

GSユアサとしては、電気自動車への注目が世界的に高まる中、ヨーロッパに新たな拠点を設けることで、海外メーカーとの競争を勝ち抜きたい狙いもあると見られます。

村尾社長は「ハンガリーは取引先との距離が非常に近く、地理的な条件がよい。状況を見ながら随時、設備投資を行い、生産能力を拡大したい」と話しています。

出所: https://www3.nhk.or.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.