新型コロナウィルス最新情報4月14日

首相が経済パッケージを提示:4月6日、ハンガリーのヴィクトル・オルバン首相は、COVID-19の流行とその経済的影響に対する5つの新しい経済措置を提示しました。加えて首相は、政府の赤字は1%から2.7%に上昇すると予想していると語っています。これらの新しい経済的措置は、ハンガリーのGDPの18-20%程度に相当する、包括的な経済パッケージの一部です。主要項目には次の項目が含まれます。

• 雇用の維持を支援するために、政府は労働時間が減らされ、自宅で働いていない人々の賃金の70%を支払う。
• 新規雇用を創出するために、政府は新たな投資に対して12億ユーロの支援を提供する。
• 企業の資金調達を支援するため、政府はハンガリー企業に対し、ローンの利子補助金と最大55億ユーロの国家補助金を提供する。
• 主要セクター(観光、健康、食料生産、農業、建設、物流、輸送、クリエイティブ産業など)には追加の支援を行う。
• 首相は2021年2月から2024年の間、年金受給者に追加で各週補助年金を給付することを発表。

無料公共駐車場:4月5日、首相は4月6日から全国の公共駐車場を無料で利用できるようにすると発表しました。駐車料金は地方自治体の主要な収入源の一つであるため、野党市長は首相がコロナウイルスの大流行を利用して独自の政治力を強化したと批判しています。

コスト負担に苦しむ銀行、政党、国際企業:ハンガリー政府は、17億ユーロのパンデミック対策用予算と、37億ユーロの経済再建のための予算を立てると発表しました。上記に挙げたように、政府と共に、地方自治体、銀行、多国籍企業は、これらの資金源の一部をカバーする必要があります。

• 政党の財政援助の50%(320万ユーロ)が資金に割り当てられる。
• 政府は、最大1億ユーロで資金を拠出すべき国際企業に対して特別税制を再導入する。
• 銀行は、追加で1億5000万ユーロを拠出する。
• 自動車登録税による地方自治体の所得も、最大9,500万ユーロ資金に割り当てられます。

2010年、ヴィクトル・オルバン率いるハンガリー政府は当選後、銀行や多国籍企業に同様の措置と特別税制を導入しました。

総回復患者数: 122
総死亡者数: 122
確認済患者数: 1512
国境:ハンガリー国民のみが入国できる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.